赤ちゃん靴の選び方|失敗談から学ぶ爪への影響

ハイハイばかりの赤ちゃんがいつの間にかヨチヨチ歩くようになって、まずはファーストシューズ!そこからは歩き出すのは早いです。

赤ちゃんの靴の選び方については、私にはとても申し訳ない失敗談があります。ぜひ子供にとっての靴の選び方の参考になればと思い、記事を書くことにしました。(自分への戒めと共に)

赤ちゃんの靴の選び方|基本は裸足が一番足に良い

赤ちゃんの靴って、小さくてぽってりしていてコロンとしていて、とっても可愛い!

いろんな種類の靴を履かせたいし、洋服によっても変えたい!と言うのが親バカな親心です。

でも、私は自分自身がひどい外反母趾ということもあり、赤ちゃんのファーストシューズはもちろん、子供の靴選びは慎重にしたいと思っていました。

つたい歩きの頃にファーストシューズを選びました。まるで素足のような・・・という謳い文句の軽い靴。

でも、赤ちゃんからしてみたら、それまでは裸足でいたのに突然窮屈なものをつけられて困惑。

そうです!

赤ちゃんにとって、子供にとって、いえ、親にとっても、裸足でいることが一番足にとっては良いのです。

もちろん岩場を歩くとか、外出をするときに足を保護するためには靴はとても大事です。

でも、何よりも赤ちゃんの足をみてください。

手のように自由自在に動く足の指。

本来締め付けるものではない、というのが私の意見です。

そして、子供は1年で身長が2倍以上になるほど、急激に成長します。

そんな中で、靴選びは本当に大切です。

赤ちゃんの靴の選び方を間違い巻き爪の症状が

私は、赤ちゃんの成長が早いと頭ではわかっていながら、わかっていませんでした。

そう、上の子は靴の選び方を失敗して、小指の爪を巻き爪にしてしまったのです。

最初は「あれ?爪がちょっとおかしい?」と思ったくらいで、まさか靴のせいで爪に悪影響があると思わなかったのです。

保育園でちょっとどこかに当たったのかな?くらいの認識でした。

でも、少し経って見たら巻き爪が悪化していたんです。

自分が外反母趾にも関わらず、それまで気づきませんでした。。

「あ!靴のせいかも!」

そう思ったとき、初めて赤ちゃんの足型を計測して靴を買うことにしたのです。

赤ちゃんの靴の選び方|小さい頃から計測は大事

まだヨチヨチ歩きが少し進歩したくらいの赤ちゃん歩きだからと勝手に安心してた私が間違いでした。

「もしかしたら靴が合ってないかもしれないので、計測してもらえませんか?」

子供靴売り場に行って相談すると、ちょうどその店舗では計測する機械が導入されていました。

上の子は、両足の親指だけが異常に長く、計測するだけでは12cmで行けそうだったのですが、実際に12cmの靴を選ぶと、痛そうな感じが見受けられました。

一つ一つ靴の中敷を外してもらって、実際に足と合わせながら合う靴を探すのは、本当に時間がかかりました。

ようやく合う靴を見つけたのは12.5cmの靴でした。

中には、13cmでもちょうど良さそうなものもありました。

そうです、靴によっても素材・質感・硬さ・幅の広さ・甲の高さが全く違います。

本当はシューフィッターのいるお店で買うか、足型をとってオーダーメイドしたいところですが、近隣に見つけることができませんでした。

何より、少しでも早く今よりも足に合う靴と出会いたかったのです。

そうやって見つけた靴に、上の子はとても嬉しそうでした!よかった。

赤ちゃんの靴の選び方|3ヶ月に一度は計測を

その店舗で教えてもらったのは、少なくとも3ヶ月に一度は計測して買い替えたほうがいいというものでした。

赤ちゃんや子供の足の成長は本当に早くて驚きです。

自分の靴を買うペースで考えたら大間違いなんですよね。。(当たり前ですが)

ちなみに、うちの子供の場合だと2ヶ月後には新しい靴に買い替えました。

なので、靴を履き始めたばかりの頃は、2ヶ月に1回くらい、定期的に計測することをおすすめします。

子供靴は安い買い物ではありません。

だってすぐにサイズアウトします。

でも、将来のことを考えると、足は本当に大切な部分です。

カラダに合ったものを身につけてあげることが、将来的な健康にも繋がります。

2歳を過ぎた頃には、巻き爪もすっかり治り、今は綺麗な爪の形になりました。本当にホッとしました。

この失敗を生かして、ぜひ小さい赤ちゃんや子供の靴を買うときには計測して欲しいと思います。

近くに計測できる店舗がない時の靴の選び方

もし住んでいる場所の近くの靴屋さんに計測する機械がない場合は、ぜひ靴を買うときにお店の人に相談して買うようにしてください。

靴の中敷を外してまず合わせてみること。

子供靴を購入するときには、つま先に5mm程度の余裕があるのが良いそうです。

中敷で合わせてみてから、実際に履いて歩くこと。

カポカポかかとが浮くようであれば大きい証拠です。

つま先部分を指で押さえてみて、子供のつま先がすぐ先まできているようであれば小さいです。

一番いいのは紐で調節すること、という話もありますが、子供はよく靴を脱ぎます。紐を自分で結ぶことができないうちは、2つ以上のストラップで甲をとめることができるタイプの靴が調節しやすくておすすめです。

 

ぜひ、将来のためにも赤ちゃん・子供の靴の選び方を気をつけてみてください!